降参のススメ

阿雲の呼吸

降参

さて、その後ダイエットの調子はいかがでしょうか?

前回は「1週間で3kg減」とのことでしたから、引き寄せ効果でそろそろ70kg台でしょうか?(笑)


ところで、いまさらながら、このブログのタイトルは『降参のススメ』。

今回の阿部さんの減量作戦と、「降参」って、どのように繋がってきますかね?

いえ、せっかくの話題ですので、「引き寄せの法則」あるいは「創造の法則」と関連してお話をお伺いできれば、また某かのヒントになるのかもと思いまして。


特に生活が変わったわけでもないのに、「1週間で3kg減」というのはとても不思議に聞こえますよね。

実は体重計が壊れていたり、長らく続いていた便秘がその時解消されていたとか?

一気に、3kgの脱糞(笑)


冗談はさておき、やはりそこには『降参』というキーワードは関連するものでしょうか?

というのも、一般的に考えれば、「減量しよう」と思い立ったら、運動するなり、食事制限をするなり、何かに取り組むものじゃないですか。

でも、「減量しようと決めた後も生活は変わらない」

なのに、確かに体重は変わっている。


きっとそこには、やっぱり何かあるんじゃなかろうかと、そう思うのです。


これは、常識を無視した仮説ですが、もし「降参したからこその結果」だとしたら。

阿部さんはまず、「生活に支障が出始めたことで、『増え続ける体重』に降参(負けを認めること)した」。

ここに「ダイエットに取り組む」という行動を持ち込むとなれば、降参にならないわけですよね。

だって、「負けを認める」どころか、「戦いを挑む」わけですから。

で、実際阿部さんは「某かの取り組み」に参加することなく、そこから降りた。


参加から降りる。

まさに「降(りる)・参(加から)」です。


人は大抵、「私が何かに取り組む(参加する)、その(原因)によって状況(結果)が変わる」と思っています。

でも、今回の阿部さんしかり、「私が何かに取り組むことなく(参加することなく)、状況が変わる」ということもあり得るわけで。

私が関わろうと、関わらずにいようと、あらゆる事象は刻々と変わっていく。

わざわざこうして語るまでもなく当たり前のことではあるのですが、どうしても僕たちは「関わる」ことにばかりに意識が向いてしまいます。

まるで、私が関わることでしか、物事が変化しないような態度で。


さて、この「降参」。

改めて、阿部さんの感じるところをお聞かせ頂けたら幸いです。


スポンサードリンク

諸行無常

たしかに対面セッションは最高の場だろうね。

というより、個人対個人によって初めてコミュニケーションが成り立つと思う。

いいこと始めましたね。

またいろいろ話聞かせてください。


このブログも週刊だったのがいつの間にか月刊になりつつある(笑)

なにかきっかけがあったら話も弾むのにね。



で、僕の近況を話すと、数週間前から減量を真剣に考えているわけ。

実は人生初の80kg超えの大台に入り、身体が重くて立ち上がるのも全力の時がある。


最初はどこまで太れるか行けるところまで行ってみようなんて面白がっていたけど、生活に支障が出始めて、考え方を改めた。


それで減量を決めたはいいけど、問題はいつから始めるかだ。


















mig



分かっているんだけどさ、言われなくても。


で、ちょっと不思議なことが起きたのは、減量しようと決めた後も生活は変わらないのに1週間で3kg減った。

これって引き寄せだろうか。

またご報告します。



時代はどんどん変わっていく。

僕たちの生き方も変わっていくんだろうね。


同じことが色あせて見えたり、気に留めなかったものが光りだしたり。

変わるってすごい。



何で変わるんだろう。


人生って一つの場所に安住できないようになっているのかも。

勝手に画面がスクロールしていくからね。


「ポーズ」のスイッチがあればいいのに。



さて、また瞑想して寝よっと。

リアクションが難しい記事でスマンm(_ _)m





スポンサードリンク

食わず嫌い

またまた更新が遅くなってしまって、本当にごめんなさい!

なんでだか、ここのところすっかり忙しくなってしまって…。

といっても、自分でそうなるようなスケジュールにしてしまったからなのですが(苦笑)


さて、そんなこんなで、これまでずっと避けてきた対面セッションを本格的に始動しました。

こうしたメッセージを色々なところでシェアしながらも、こと『対面セッション』に関しては、長いこと「やるもんか」という姿勢でした。

いろいろな方から、「是非」とお願いされることも少なくなかったのですが、「ごめんなさい」と、繰り返しお断りし続けてきました。

それはなぜかと訪ねられても、うまく説明できないのですが、とにかく頑なに「やりたくない」という気持ちだったんですね。


なのに。

人の気持ちというのは本当に揺れ動くものですね。

急に、「せっかく求められているのに、頑なにお断りしつづけているのも、どうなのだろう」と思うようになってきたんです。

僕は、何をこだわり、握りしめているんだろうと。


こうしたことを始めれば、また何かとヤイヤイ言われることになるんじゃないか。

誰かの人生を背負い込むほどの甲斐性があるわけでもないし、面倒に巻き込まれても困る。

コレと言った専門的な解決策を提示できるわけでもないし、何よりも大変そうだ。

そういって、結局は保身していたのかもしれません。


普段から、思い込みを外そうだの、人からどう見られるかなんて気にするなだの、自由でいいだのといいながら、そういう僕自身は、どうなんだと。


で、ちょっと「やってみようかな」と動きだしてみたら、思いの外、面白くなってきちゃって。

『案ずるより産むが易し』の言葉のとおり、実際に動いてみれば、思っていたよりずっと楽しい世界が待っていました。


いや〜、ほんと、喰わず嫌いでした。

やったこともないのに、あれこれ言っていたのがバカみたい(笑)


いまとなってみれば、楽しいはずです。

何かを伝えようと思うのなら、Eメールより手書きの手紙の方が思いが伝わるし、活字より肉声の方がニュアンスが伝わるし、声だけよりも、膝をつき合わせて話した方がいい。

シェアしたい内容が、言葉にならないものならなおのこと。

これまで、沢山の人の前でお話することは多かったものの、一対一で話すのとでは、やっぱり大分違います。


そして嬉しいことに、ここ数回のセッションの中で、実際に「解放」が起こったんです!

セッション中、そのクライアントさんは、個人の不在に気づき、涙を流しながらの大爆笑となりました。

これには、僕もビックリ(笑)

本当に嬉しいハプニングでした。


もちろん、みんながみんなというワケではありませんが、こういうことって、あるのだなぁと。

そんなこんなで、お陰様でとりあえずの出だしは順調でございます。


スポンサードリンク

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード