降参のススメ

阿雲の呼吸

エキサイティング

黒斎くんの更新が遅れると、僕も同調してしまう(^^;)

そのうち、月刊ブログになったりして。


さてワクワクの話ですが、ワクワクの中には当然ドキドキが含まれています。

ワクワクドキドキというのが正しい言葉で、ワクワクはその前半だけを言っているにすぎません。

だれもが先のことはわからないし、不安という要素がついてくるのは当然のことです。


二種類の人がいると思っています。

それは新しいことをするときに、不安を持つ人と持たない人ではありません。

誰もが不安をワクワク(期待)のセットとして持つからです。


二種類の人とは

不安があるからやめてしまう人と、不安を小脇に抱えて前に踏み出す人の二種類です。



僕たちは、人間という存在の真実や、この世の真理について長年にわたり解説してきました。

これからは、その真理を背景にして如何に生きるのか、そんなガイドになっていきましょう。


そのためにも僕たち自身がそれを生きることであり、多くの人に勇気と可能性を与えていくと確信しています。


先ほどまで、往年のスター、フランクシナトラのドキュメント映画を見ていました。

彼の引退公演は、ずいぶん昔に見たことがあって、こんなにお爺ちゃんになれば引退も当たり前だと思っていました。

ところが改めてみて見てみたら、その時の彼は僕より5歳も若い。


まだまだこれからがスタートだと思っている自分は、何者だろうと思いましたよ(笑)


まだ何も終わっちゃいないどころか

まだ何も始まっちゃいない



そんな心境の初老の春です。




スポンサードリンク

期待と、不安と

うわっ、阿部さんばかりじゃなく、僕まで更新が遅くなっちゃった(苦笑)

僕のブログの更新のなさは毎度のことですが、こちらまで遅くなってしまっては申し訳ない<(_ _ ;)>


こうしてブログの更新は呑気な感じなのですが、見えないところではなんだか忙しくさせていただいております。

それが僕のお役目なのかどうかはわかりませんが、ちょっと新しいことにチャレンジしたくて、色々と準備を進めています。

が、思ってた以上に準備に手こずっておりまして、なかなかスタートできず。。。

でも、もうちょっとで始められそうです。^^


こうして新しいことに踏み込む時って、やっぱりドキドキしますよね。

ワクワクもあり、不安もあり。

まぁ、「期待」も「不安」も、「未来がどうなるかわからない」っていう同じ理由で現れているわけですから、期待と不安を切り分けるのも不思議な話ですけども。

ああ、そうだ。

この場合、「ワクワク(ポジティブ)」も、「不安(ネガティブ)」も、どちらにせよ意識が『未来』に向いている。。。


そこで質問!

「今を生きる」阿部さんにとっても、そういう心の動きはありますか?


「不安」のこともさることながら、『引き寄せの法則』にも、この「ワクワク」は、めっちゃ重要なキーワードとして語られているわけで。


あと2ヶ月もすれば、出会いと別れの季節。

新しい環境を迎えるにあたって、期待や不安を抱いている方も多いことと思います。

そんな僕たちに、ぜひ一言エールをお願いいたします!


スポンサードリンク

まだ何も始まっちゃいないさ

返事がすっかり遅くなってしまいました。

 

僕の場合のやる気スイッチは、上手く行きそうなことに対して出てきます。

 

これって気質なんでしょうかね、子供の頃から変わりません。

 

ですから自分の中で確信が出てくるまでは、何一つやる気になりません。

 

ムラがあると言えばあるのは同じみたいです。

 

 

ギャラ総取り企画はボツですね(笑)

 

でも出演者全員、いつもと違った緊張感があって、やる側としてはいつまでも記憶に残るように思いますが。

 

黒斎君は間違いなく優勝候補ですよ。

 

なによりあなたが本気になったら、ビジュアルを用いた説明も含めて、圧倒的に分かりやすい形で、誰もが頷く整合性のある説明ができる。

 

なんにせよ、来てくれた方の人生がシフトするきっかけが提供できたら、お互い本望ではありますが。

 

 

今日、阿さんのお寺で、阿さんと対談講演してきました。

 

彼は仏教学者でもあり、仏教の知識は半端じゃないのですが、仏教の話を聞けば聞くほど、阿雲が伝えてきたことと同じ内容だということがわかります。

 

僕たちは仏教を真摯に学んだわけではなく、直感的に理解したことを自由にお話ししてきているわけで、その内容はすでに千年以上前から体系的に伝えられていたという点で、仏教は凄いと思いました。

 

その話を阿さんにしたら、むしろ直感的に話をしてきた人のほうが凄いと言ってくれていましたよ。

 

 

僕らは生まれついての仏教徒なのかもしれないね。

 

だから真実について、こんなに話が合うのかと。

 

 

最後に一言。

 

 

黒斎君の役目はまだ始まっていない。

 

近々あなたの時代が訪れるような気がします。

自分自身にもそう感じています。

 

 

きっとそれまでエネルギーを蓄えておけという、いまの休息期なのかもしれないね。



スポンサードリンク

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード