降参のススメ

阿雲の呼吸

アセンション

阿雲ブログの黒斎くんの記事を読んで、よし後で書こうと思って、そのうち忘れてしまうのは年齢のせいにさせてくださいm(_ _)m

この歳になって、まさか人生で一番忙しい日々になるとは思ってもいなかった。

これがいいか悪いかはわからないが、現実そうなっているし、だったら受けて立とうというわけで。


引き寄せですけど、各々に現実を創り出す力が内在しているのは真実だと思います。

引き寄せの法則というよりは創造の法則と言ったほうがしっくりきます。

前者は二元、後者は一元がその根底にあります。

お互いに創造の法則のオーソリティになっていきましょう。


さてアセンションのことですが、僕も黒斎くんと同意見です。

アセンションは起き続けています。


マヤ暦の話が出てきたあたりから、お約束の終末論になってしまって僕も苦慮しましたが、マヤ歴の解釈を否定してきてよかったです。


しかし後遺症は小さくなく、マヤ歴の話とともにアセンション自体もまやかしとして片づけられてしまいました。

関心はなくなっても、事実は進行中。


昔なら突出した者だけが垣間見てきた真理の次元を、いまや巷で多くの人たちが目覚を経験しています。

それは自らがその経験をした時に得た直観の通りで、これからはこの意識レベルの伝染が拡大していくことは間違いないでしょう。


僕にとってのアセンションは、人間が一元の世界(ワンネス)を感得し、その真実を背後に持ちながら二元の世界を生きていくことで、新しい文明が開化していくというものです。


それはすでに始まっています。


世間はブームを作ったり冷めたりするのが常ですが、真理は永遠であり、この活動は僕たちの死後も継続していくことでしょう。



さて、黒斎くんのこれからの活動は何か具体化してきましたか?

個人セッションも大切だと思います。


現実を創造するときのセオリーは僕も実践しながら、どんどん変化が訪れています。

また新しい遊び方を発見したみたいな気分です(^^)





スポンサードリンク

地球の変化

>僕たちは、人間という存在の真実や、この世の真理について長年にわたり解説してきました。
>これからは、その真理を背景にして如何に生きるのか、そんなガイドになっていきましょう。
>そのためにも僕たち自身がそれを生きることであり、多くの人に勇気と可能性を与えていくと確信しています。

僕に何が出来るのか、いまだ模索の中にあるのですが、「何かが始まりそう」という予感だけは日に日に強まっているのです。

ここらへん、雲さんも「これだよ」って明確に示してくれるとありがたいんですけどね。

僕が何をするのか(あるいは、しないのか)には、一切干渉せず、「自分で決めなさい」って言われるだけで。

でもきっと、近いうちにカタチが見えてくると思っています。

というのも、僕自身の感覚の変化、といいますか、認識の変化、といいますか、いわゆる『引き寄せの法則』の根っこが、また別なカタチで感じられるようになってきているんです。

ああ、本当に、全てが『思い通りに展開している』と。

そこに、抗いようのない仕組み、法則があると。


思い返せば、『あの世に聞いた、この世の仕組み』の冒頭は、まさにこの「引き寄せの法則」のことでした。

まだまだその内容は浅いものの、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』や、エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス夫妻の『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』の日本語版が世に出る前、まだ「引き寄せの法則」という言葉が広まる以前から、

<font color="orange">(  ̄Д ̄)</font> 『夢や希望は追い求めてはいけない。引き寄せるんだよ』

なんてことを書いているわけですから、我ながら大したものです(笑)


きっと、世界中で同時に、このメッセージが広がる流れがあったのでしょう。

阿部さんもブログもまた、同じ時期に始まっているわけですし。

そしてまた、それらのメッセージが、それまでの「トンデモ系」として無視されることなく、瞬く間に世間に浸透してしまったのも不思議といえば不思議です。

いまでは、それほどスピリチュアルや精神世界にアンテナが向いていない人まで、日常会話のなかに「引き寄せの法則」が現れるほど。


これは、個人的な出来事や、偶然と言えることではなく、地球規模、宇宙規模で、全体が変化しているからこそだと思います。



2012年以降、徐々に「アセンション」という言葉が薄らいでいるように感じますが、阿部さん的には、この辺、どう捉えていますか?

僕には、いまもなお、ますますその流れが加速しているように感じるのです。

その一つの感覚として、

「嬉しいことも、辛いことも、思考が現実化するスピードが早まってる(タイムラグがみじかくなってきている)ように感じる」と、先ほどSNSで呟きましたら、やはり沢山の方から、

「I THINK SO, TOO!」

という反応を頂戴しました。


阿部さんはいかがですか?

おそらくは「願うまえから叶っている」といったところですかね。


やっぱり、アセンションはいよいよ佳境を迎えているのでしょうか?


スポンサードリンク

エキサイティング

黒斎くんの更新が遅れると、僕も同調してしまう(^^;)

そのうち、月刊ブログになったりして。


さてワクワクの話ですが、ワクワクの中には当然ドキドキが含まれています。

ワクワクドキドキというのが正しい言葉で、ワクワクはその前半だけを言っているにすぎません。

だれもが先のことはわからないし、不安という要素がついてくるのは当然のことです。


二種類の人がいると思っています。

それは新しいことをするときに、不安を持つ人と持たない人ではありません。

誰もが不安をワクワク(期待)のセットとして持つからです。


二種類の人とは

不安があるからやめてしまう人と、不安を小脇に抱えて前に踏み出す人の二種類です。



僕たちは、人間という存在の真実や、この世の真理について長年にわたり解説してきました。

これからは、その真理を背景にして如何に生きるのか、そんなガイドになっていきましょう。


そのためにも僕たち自身がそれを生きることであり、多くの人に勇気と可能性を与えていくと確信しています。


先ほどまで、往年のスター、フランクシナトラのドキュメント映画を見ていました。

彼の引退公演は、ずいぶん昔に見たことがあって、こんなにお爺ちゃんになれば引退も当たり前だと思っていました。

ところが改めてみて見てみたら、その時の彼は僕より5歳も若い。


まだまだこれからがスタートだと思っている自分は、何者だろうと思いましたよ(笑)


まだ何も終わっちゃいないどころか

まだ何も始まっちゃいない



そんな心境の初老の春です。




スポンサードリンク

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード