降参のススメ

阿雲の呼吸

2018年01月

期待と、不安と

うわっ、阿部さんばかりじゃなく、僕まで更新が遅くなっちゃった(苦笑)

僕のブログの更新のなさは毎度のことですが、こちらまで遅くなってしまっては申し訳ない<(_ _ ;)>


こうしてブログの更新は呑気な感じなのですが、見えないところではなんだか忙しくさせていただいております。

それが僕のお役目なのかどうかはわかりませんが、ちょっと新しいことにチャレンジしたくて、色々と準備を進めています。

が、思ってた以上に準備に手こずっておりまして、なかなかスタートできず。。。

でも、もうちょっとで始められそうです。^^


こうして新しいことに踏み込む時って、やっぱりドキドキしますよね。

ワクワクもあり、不安もあり。

まぁ、「期待」も「不安」も、「未来がどうなるかわからない」っていう同じ理由で現れているわけですから、期待と不安を切り分けるのも不思議な話ですけども。

ああ、そうだ。

この場合、「ワクワク(ポジティブ)」も、「不安(ネガティブ)」も、どちらにせよ意識が『未来』に向いている。。。


そこで質問!

「今を生きる」阿部さんにとっても、そういう心の動きはありますか?


「不安」のこともさることながら、『引き寄せの法則』にも、この「ワクワク」は、めっちゃ重要なキーワードとして語られているわけで。


あと2ヶ月もすれば、出会いと別れの季節。

新しい環境を迎えるにあたって、期待や不安を抱いている方も多いことと思います。

そんな僕たちに、ぜひ一言エールをお願いいたします!

まだ何も始まっちゃいないさ

返事がすっかり遅くなってしまいました。

 

僕の場合のやる気スイッチは、上手く行きそうなことに対して出てきます。

 

これって気質なんでしょうかね、子供の頃から変わりません。

 

ですから自分の中で確信が出てくるまでは、何一つやる気になりません。

 

ムラがあると言えばあるのは同じみたいです。

 

 

ギャラ総取り企画はボツですね(笑)

 

でも出演者全員、いつもと違った緊張感があって、やる側としてはいつまでも記憶に残るように思いますが。

 

黒斎君は間違いなく優勝候補ですよ。

 

なによりあなたが本気になったら、ビジュアルを用いた説明も含めて、圧倒的に分かりやすい形で、誰もが頷く整合性のある説明ができる。

 

なんにせよ、来てくれた方の人生がシフトするきっかけが提供できたら、お互い本望ではありますが。

 

 

今日、阿さんのお寺で、阿さんと対談講演してきました。

 

彼は仏教学者でもあり、仏教の知識は半端じゃないのですが、仏教の話を聞けば聞くほど、阿雲が伝えてきたことと同じ内容だということがわかります。

 

僕たちは仏教を真摯に学んだわけではなく、直感的に理解したことを自由にお話ししてきているわけで、その内容はすでに千年以上前から体系的に伝えられていたという点で、仏教は凄いと思いました。

 

その話を阿さんにしたら、むしろ直感的に話をしてきた人のほうが凄いと言ってくれていましたよ。

 

 

僕らは生まれついての仏教徒なのかもしれないね。

 

だから真実について、こんなに話が合うのかと。

 

 

最後に一言。

 

 

黒斎君の役目はまだ始まっていない。

 

近々あなたの時代が訪れるような気がします。

自分自身にもそう感じています。

 

 

きっとそれまでエネルギーを蓄えておけという、いまの休息期なのかもしれないね。

やる気スイッチ

こういう仕事をしている時の黒斎君は、たぶん時間経過を忘れて集中しているんだと思います。
この集中力の感覚を、自由に使いこなせたら凄いことになるだろうね。
>ところが、なかなかその気にならないのが人生ってやつなわけで(笑)

はい、その通りです。
こういう時は、自分でもビックリするぐらい神がかった集中力が発動するんですよね。
初めて阿部さんの本を編集させていただいた時もそうでした。
時間経過も疲れも自我も一切が飛んでしまって、「そのことだけ」になっちゃう。
こういうのを『三昧』っていうんですかね?

本当に阿部さんの言うとおり、自由に使いこなせるようになれたらいいのですが……

いわゆる「やる気スイッチ」ってヤツが入らないことには、どうにもならなくてですね。
っていうか、僕の場合はとても極端で、スイッチが入っているかいないかの2つしかなくて、間のグレーゾーンが抜けちゃってるんですよ。
ギャップもメッチャ大きくて、スイッチが入ってないと、まるで使い物になりません。

この極端な気質に、自分自身でも手を焼いているのです。

どこでどうスイッチが入るのか、それもよくわかっていなくて。
あるとき突然発動したりするんですよねー。

とりあえず、今回ご提案いただいた「ギャラの総取り企画」では、スイッチは入りませんでした(笑)

とにもかくにも、このやる気スイッチ、僕の場合は意図的にコントロールできないので、ひたすら「発動を待つ」という感じなのですが、阿部さんの場合はどうですか?

猪八戒から沙悟浄への私信

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします(^o^)


最初は札幌での西遊記イベントですね。

20171212135320029



このデザインを見た時の衝撃は忘れられない。

自分が密かに描いてきた自己イメージが、ここにきて完成したような感動を覚えました。



それにしても素早い仕事で、黒斎君のこの才能は眠らせておくのはもったいない。

あっという間に作っちゃったよね。


こういう仕事をしている時の黒斎君は、たぶん時間経過を忘れて集中しているんだと思います。

本を最初に出した時も、このような集中力によって一気に書き上げたのでしょう。


この集中力の感覚を、自由に使いこなせたら凄いことになるだろうね。

ところが、なかなかその気にならないのが人生ってやつなわけで(笑)



さて、当日はガンダーラへの日帰り旅行を僕たち3人で案内するわけだけど、3人とも個性が全く違うから、かなり面白い展開になるとワクワクしています。


たぶん出演する僕たちにとって一番刺激的なのは、一人ずつひとつのテーマでお話しして、誰の話が一番面白くて為になったかを投票してもらい、一番得票が多かった人がギャラを独り占めするとか。

たぶん一生忘れられないイベントになると思うけどなァ。


やる?(笑)


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード