人は自分の知らないことを想像することができない。
未知のことを既知の中で理解してしまう。

さらに人は、他者を見下す傾向を持っているので、そんな人たちに対して人生を超えたメッセージを伝えるのは本来無理なことだ。

狂信的な何かにハマって、わけのわからないことを言っている奴に見られるのがオチだ。

だからこそ、黒斎くんのように全く違う背景を持った人と組むことで、何かしらの説得力が生まれると思っている。


人生を超えた理解は、人生を超える体験を持って初めて可能になる。

しかし残念ながらその体験は、人為的に作り出すことができず、ハプニングとしてしか起こり得ないときている。

そうなるともうお手上げだ。


黒斎くんが言うように、これまでにもいろんなエネルギーを浴びてきた。

それはこれからも続くだろう。


にもかかわらず、おせっかいにもそんな話をし続けるのは、そんな話をせずにはいられないからだ。

にごり水を飲料水として用いてきた村で、ある時、谷間から湧き出る清水を見つけてしまったら、今までの水はもう飲めなくなってしまう。

そして村人たちに、本当の水はもっと透明でおいしいんだって伝えたくなる。


濁り水で満足している村人たちは、そのような話に興味が持てず、わけのわからないことを言って人を惑わしている怪しい奴だと考える。

でも中には、こんな水よりもっとおいしい水があるはずだと考える村人もいる。

僕はそんな人たちを相手に話をしてきたと思う。


ところがある時、村の中だけでなく、世界中の人たちに情報発信する技術が登場した。

それによって耳を傾ける人の数が飛躍的に増えたのが僕にとっては10年前だ。

その分、誤解のエネルギーも増えたけど。


誤解だけじゃなく、嫉妬も増えたように思う。

自分のほうが人生について正しく理解しているのに、なんで偽物のお前ばっかり上手くやっているんだってね。


おっと、今日は長くなり過ぎたかな。


この文章は文字入力をしたのではなく、音声入力で書いたので、つい長くなってしまった。

それにしても入力の精度が上がったものだ。

いくつかの誤変換があるものの、ほぼ完璧に文章にしてくれた。

このまま載せることにしよう。