>僕たちは、人間という存在の真実や、この世の真理について長年にわたり解説してきました。
>これからは、その真理を背景にして如何に生きるのか、そんなガイドになっていきましょう。
>そのためにも僕たち自身がそれを生きることであり、多くの人に勇気と可能性を与えていくと確信しています。

僕に何が出来るのか、いまだ模索の中にあるのですが、「何かが始まりそう」という予感だけは日に日に強まっているのです。

ここらへん、雲さんも「これだよ」って明確に示してくれるとありがたいんですけどね。

僕が何をするのか(あるいは、しないのか)には、一切干渉せず、「自分で決めなさい」って言われるだけで。

でもきっと、近いうちにカタチが見えてくると思っています。

というのも、僕自身の感覚の変化、といいますか、認識の変化、といいますか、いわゆる『引き寄せの法則』の根っこが、また別なカタチで感じられるようになってきているんです。

ああ、本当に、全てが『思い通りに展開している』と。

そこに、抗いようのない仕組み、法則があると。


思い返せば、『あの世に聞いた、この世の仕組み』の冒頭は、まさにこの「引き寄せの法則」のことでした。

まだまだその内容は浅いものの、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』や、エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス夫妻の『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』の日本語版が世に出る前、まだ「引き寄せの法則」という言葉が広まる以前から、

<font color="orange">(  ̄Д ̄)</font> 『夢や希望は追い求めてはいけない。引き寄せるんだよ』

なんてことを書いているわけですから、我ながら大したものです(笑)


きっと、世界中で同時に、このメッセージが広がる流れがあったのでしょう。

阿部さんもブログもまた、同じ時期に始まっているわけですし。

そしてまた、それらのメッセージが、それまでの「トンデモ系」として無視されることなく、瞬く間に世間に浸透してしまったのも不思議といえば不思議です。

いまでは、それほどスピリチュアルや精神世界にアンテナが向いていない人まで、日常会話のなかに「引き寄せの法則」が現れるほど。


これは、個人的な出来事や、偶然と言えることではなく、地球規模、宇宙規模で、全体が変化しているからこそだと思います。



2012年以降、徐々に「アセンション」という言葉が薄らいでいるように感じますが、阿部さん的には、この辺、どう捉えていますか?

僕には、いまもなお、ますますその流れが加速しているように感じるのです。

その一つの感覚として、

「嬉しいことも、辛いことも、思考が現実化するスピードが早まってる(タイムラグがみじかくなってきている)ように感じる」と、先ほどSNSで呟きましたら、やはり沢山の方から、

「I THINK SO, TOO!」

という反応を頂戴しました。


阿部さんはいかがですか?

おそらくは「願うまえから叶っている」といったところですかね。


やっぱり、アセンションはいよいよ佳境を迎えているのでしょうか?