降参のススメ

阿雲の呼吸

阿部敏郎

転生の話

なるほど・・・

 

現象はあるけど実体はないか。

 

 

会社とか、何かのグループとかを例にとると分かりやすいね。

 

黒斎くんは、こういう例えが上手だから人に伝わりやすいんだと思う。

 

 

とは言うものの黒斎くんには、このことが読み手に上手く伝わったとしても、何らかのジレンマが残るんじゃないだろうか。

 

だっていくら理屈が分かっても、最も大切な「自分は実体ではなかった」ということを完全に知るには、自己を超える経験がない限り無理だと思うから。

 

それくらい自己という幻想には現実味がある。

 

 

このジレンマは僕も同じで、何度言い続けたところで、その言葉を自己が解釈する限り知識が一つ増えるだけであり、むしろ真理を知った自分として自己は増大する。

 

 

 

それでも伝え続けたくなるのは、いったい何だろうね。

 

しかもこれしか人生でやりたいことがないときている。

 

 

もちろん楽しいこともしていくだろうけど、生きがいとしてやりたいことはこれしかない。

 

こういうのをカルマって言うんだろうか。

 

 

大阪と名古屋のコラボトークで、2人で転生の話もしたよね。

「自己という実体」がないにも関わらず、転生という現象が起きるのはなぜか。

 

その答えは、思念・想念は肉体の死後もこの空間に留まり、それを第三者が引き入れた時、過去にその想念を持っていた人の生まれ変わりだと信じるのかもしれないということ。 

 

転生するのは「個としての魂」ではなく(そんなものは存在しないから)、何らかの思念・想念のようなものではないかというのが僕らの一致した考えだ。

  

 

ということは、過去に真実を伝えようとした人の想念を、2人共にキャッチしたってことかも。
 

 

しかも2人とも仏教系。

 

もっと詳しく言えば、禅宗、それも臨済宗。

 

ここまで一致している。

 

 

 

それなのに2人とも宗教界の人間ではなく一般人。

 

それが何かの拍子に同じ時期にブログを始めて、こうして出会って、プロのお坊さんたちからも一目置いてもらって、ささやかながらも活動を続けている。

 

これは奇跡に近いことで、何かの因縁として捉えたほうが合理的だと思う。

 

 

それでは何の因縁かと言った時、やはりそこには今生だけでは説明できない何かがあるのではと思うわけ。

 

 

それが何なのかはわからない。

 

すべてのことは、大いなる仕組みの中で自動的に起きているということだけは確信しているけれど(主体的自己の不在)、大いなる仕組みが何なのかということについては、ただただ摩訶不思議。

 

 

何も分からないけれど、分からないことは分からないままでいいわけで、結局最後に残るのは

 

 

合掌
 

 

思召すままに

守護霊って、もしかしたら本当にいるの?

黒斎くんが雲さんと繋がっている時間帯に、どんな顔しているのか興味あるなァ。

 

そういえば一度も見たことないし(笑)

 

 

そういうのとは全然違うけれど、僕の中にも子供のころから変なオジサン?が住んでいて、

 

たとえば
 

 

道を歩いている時、次に通り過ぎる車が軽自動車だといいことがあるとか
 

 

階段上る時に、右足から上るといいことあるとか、悪いことがあるとか、
 

 

そういう些細なことが頭にポンと浮かんで、これが奇妙に当たる。

 

 

だから凄く説得力があって、僕は完全にその声を信じて生きてきたけれど、このことは、親にも誰にも言ってこなかった。

 

分裂した自分との対話だと思ってきたし、事実周囲からもそう思われるだろうから。

 

 

どんな新しいジンクスが飛んでくるかはその瞬間まで分からなくて、しかもその内容は無数にあって、たいていはものすごく身近なことが題材になっていて、これって単なる自己暗示かなァ。

 

くどいようだけど、ホントに当たるんだよ。

 

 
 

人生って波があるじゃない。

 

これからどんな波が来るかは、このやりとりで大体わかっていて、もう一度言うけどホントに当たる(笑)

 

たぶん10歳のころにはもう始まっていたから、かれこれ半世紀になるよ。
 

 

 

でも雲さんみたいに真理を解説してくれるわけじゃなくて、ただの占いオジサン(笑)

 


考えてみたらこの存在は、僕と一緒に歳を取ってきたような気もするし、まったく歳を取っていないような気もする。

 

 
 

もしかしたら、これと似たことが多くの人の中で起きていたりして。

 

ただそのことを他者に言うにはバカバカしすぎて、僕と同じように自分だけの秘密になっているのかもしれない。

 


 

守護霊の現れかなァ。

だからと言って、特定の霊魂がくっついているとは思えないし(笑)


一人一人が「全体」の現れなわけで、全体は全てを含んでいるのだから、何でもありと言えば何でもありだね。



 

今日は取るに足らない話でゴメン。

 

ここから深い真理の話に持っていく黒斎くんであった(笑)

雲黒斎をプロデュースするとしたら

あべしんぞう(阿部心臓)です。

 

本日解散を決意しました。

 

国会は解散しても阿雲は永遠に不滅です。

 

そしてまた、阿部心臓という姓名判断も良好とのこと、まことにメデタイ話であります。

 

 

 

さて、僕の印象が出会った10年前当時から変わらないとのこと。

 

そしてそのイメージが「敏腕プロデューサー」であると。

 

 

敏腕かどうかはさておき、プロデューサーという役目は自分でも自負していますし、これからもそうありたいと思います。

 

無から有を生み出す。

 

0から1を生み出す。

 

そこに命の喜びを感じて生きてきました。

 

 

音楽業界にいたころも、無名の新人をスタートラインに乗せるのが大好きで、いくつかの実績もあげてきました。

 

しかし同時に、商業的な失敗もいくつかあります。

 

プロデューサーは制作と商業面の両方の能力が必要なのですが、僕は意外かもしれませんがお金にはあまり関心がないんです。

 

よくも悪くも、アーティスト気質だと思います。

 

そのあたりが社会における失敗に繋がったこともしばしばです。

 

だから敏腕とは言えないかなと。

 

 

そんな僕でよければ、黒斎くんをプロデューサーとしての観点から、勝手なことを書いてみます。

 

 

雲黒斎の魅力は、飾らない黒斎くんという等身大の人間と、雲さんという広く的確な視点を持った存在だと思います。

 

そんな雲さんという目に見えない神秘的な存在に多くの人は惹かれるのではないでしょうか。

 

 

真実を言えば、どちらも自分自身であって、そのあたりは黒斎くんも分かっている通りです。

 

しかしもうひとつの真実から見れば、雲さんと黒斎くんは別人格とも言えます。

 

 

そのあたりの両面をどう消化するかは、黒斎くんも迷ったんじゃないでしょうか。

 

 

そういう点で言えば、バシャールのダリルアンカさんなどのチャネラーにも同じことが言えます。

 

でも彼らはビジネス的な感性も持ち合わせていて、だから徹底的に成り切っていますよね。

 

 

もし同じことをダリルアンカさん自身の言葉として伝えたとしたら、ここまでの注目は集めなかったことでしょう。

 

ただの深い洞察を得たオジサンですからね。

 

僕らと大して変わりません。

 

 

いや、ここはゴーマンに言わせてもらえば、もしかしたら僕らのほうがより深く真実を理解している可能性があります。

 

一連の本を読んでみてそう思います。

 

 

しかしそれさえも、大衆受けしない絶対的真理より、2段くらい段階を落としていまのメッセージを伝えているとしたら見事ですね。

 

だってそれによって救われる人もたくさんいるんですから。

 

 

 

話が長くなりましたが、人の関心を集めて成功を収めるのであれば、たとえば雲さんとの対話に、講演の中で演出効果を取り入れてみる。

 

講演中に、若干の瞑想タイムか、自身のエネルギーを高める何らかの時間を作り、雲さんに成りきって話をするとかです。

 

これは聴衆を騙すのではなく、聴衆側にも何を見ているのかという心の準備をしてもらうことで聴き方が変わるという効果があります。

 

 

これはTM瞑想やFF瞑想にも見られた手法ですが、実は僕が独立したのはあのような儀式をしなくても、教師側に場のエネルギーを動かすだけの深い瞑想経験と能力があれば、マントラは活性化することに気づいたからです。

 

あれ(儀式)をしなければマントラが活性しないという、TM瞑想以来の迷信を打ち破りたかったから。

その証拠に、それらを排除したいまも、なんの遜色もなく、あるいはいままで以上に成果が上がっています。

 

いま新しい教師を育成するトレーニングを始めましたが、その能力をどう引き出すかに重きを置いています。

 

 

でもある種の儀式が、受講する側の気持ちの準備をさせるための時間と、教師側のエネルギーを高めるための時間と考えれば、有効なのかもしれません。

 

 

なにもかも、本人の意識が現実を作り出すので、多少の演出は名だたるマスターたちも使っていますよね。

 

もし真理に到達していたとしたら、彼らはみんな確信犯(笑)


だってひと皮剥けば、みんなただの人間なんだから。

人間が特別なファンタジーに惹かれるという習性を見抜いたうえで、教えを広めるためにあえてやっている人もいるのでしょう。

 

 

話を戻しますが、黒斎くんがそこまで徹底できるかどうかだと思うのですが、いかがでしょう。

 

そのような演出が決して人を欺くためではないことは理解してもらえると思いますが、だからと言っていまさらという感じでしょうか。

 

 

それをあえてやらない黒斎くんを僕は好きではあります(^^)

歳をとるということ

姓名判断はどうあがいてもダメみたいだな。

 

もうちょっと考えてみるか。

 

ちなみに

 

阿部心臓

 

なんてのはどう?。

 

大物になりそうな名前だと思うけど。

 

 

で、黒斎くんがこの10年でどう変わったかっていうことだけど、

 

ここはマジで答えるとすると

 

僕から見ると日が経つにつれて存在感が出てきたと思う。

 

昔は生きる背後霊みたいで、なるほどこれが雲さんの個性かって思った。

 

存在感が増してきたのは、大勢の前で話すことを繰り返してきたからかもね。

 

 

それからこれもマジで言うけど、昔から変わらない所もあって、それは誠実さと心根の優しさみたいなところ。

 

だから一緒にいても安心していられるんだと思う。

 

向さんからもそれを感じていて、そこは人間関係の基本だね。

 
 

 

さて僕にあって黒斎くんにないのは、20年分の年齢くらいかな。

 

歳を取るというのはどういうことかと言うと

 

 

腹が出てくる
 

 

髪の毛が薄くなる
 

 

耳が遠くなる
 

 

目がかすんでくる

 
 

 

腹が出れば、腹の上でタブレット入力できるし
 

 

髪の毛が減れば、シャンプー代も節約できるし
 

 

耳が遠くなると、悪口が聞こえなくなるし
 

 

目がかすむと、どんな人も美人に見えてくるし

 

 

ねっ、いいことばっかりでしょ。

 

 

人生これからだよ、黒斎くん(^^)

時の流れ

真っ先に何を書こうかと考えていたら、黒斎くんのブログに僕の姓名判断が載っているというから見に行ったら、僕だけ酷くてビックリした(笑)

 

そんなに悪いなら変えてみようかな。

 

 

阿部雅治

 

 

阿部拓也

 

 

どっちがいいか、また調べておいてね。

 

 
 

思えば出会って10年近くが経つんだね。

 

期せずして同じようなメッセージブログを、同時期に、しかも北海道と沖縄で書き始めたというのも、何かの因縁を感じる。

 

 

あの頃はまだ僕らのようなメッセージが少なかったから、書く側も読む側も新鮮だったけど、いまや同じようなブログが沢山あるみたいだし、しかもその手の書籍もどんどん翻訳されてきて、言わば飽和状態。

 

 

正直言って飽きを感じる時もある。

 

 

でも逆に考えたら、よく11年間も続いたなって。

 

僕なんか子供の頃から国語の成績が悪くて、読解力も文章力も人並み以下だったから、この結果は奇跡に近いよ。

 

 

だからこうして阿雲の呼吸を復活させることで、何か面白い方向性が見えてこないかなって、あんまり期待していないけど、ちょっと期待したりして。

 

すぐに終わってしまうかもしれないけれど、とりあえず手探りで何かやってみよう。

 

 
 

この10年で、世の中は何か変わっただろうか。

 

人の意識は向上したのかな。

 

ただ情報が増えただけで、人間自体はあの頃と同じような気もするし。

 

 

その一方で僕の周囲だけでも、深い気づきが訪れて本を出したり講演を始めたりした人が何人もいて、そのたびに丁寧なお礼と献本が届いて、どうやら僕らのブログも空振りじゃなかったみたいだ。

 

黒斎くんもそうだと思うけど、おかげで気持ちが楽になったなんて言ってもらったことも多いでしょ。

 

ここは嬉しい結果だね。

 

 

他の変化としては、僕の髪の毛が薄くなってきたことと、腹が出てきたことくらいかなァ。

 

そういえばお袋が死ぬ前に、僕にくれた最後のプレゼントは

 

 

養毛剤だった.

 

 

母の愛は偉大だなァ。


cv02-ov
 

アーカイブ