降参のススメ

阿雲の呼吸

雲黒斎

方便は、方便だから

>黒斎くんは、こういう例えが上手だから人に伝わりやすいんだと思う。

 

>とは言うものの黒斎くんには、このことが読み手に上手く伝わったとしても、何らかのジレンマが残るんじゃないだろうか。


はい、仰るとおりです。どんなに上手い例えができたとしても、結局、例えは例えでしかなくて、「そのもの」を話したことにはなりませんからね。

そして、「そのもの」は決して言葉にできるものではないときてる。

言葉が消失した世界を言葉で伝えようとしているわけですから、なかなかに歯がゆいです。


感情と思考と経験のすべてが失敗したとき、最後に言葉が使われる。

言葉はじつは、最も非効率的なコミュニケーション手段だ。最も曲解されやすいし、誤解されやすい。

どうしてか? それは言葉の性質のためだ。言葉はただの音にすぎない。感情や思考や経験の代用だ。シンボル、サイン、しるしでしかない。真実ではない。ほんものではない。



上記は、N・D・ウォルシュさんの著書『神との対話』の冒頭に記された一文ですが、本当にその通りだと思います。

僕の例え話や雲さんの話も同様に、様々な誤解を生む要素をはらんでいます。

だからこそ、言葉にジレンマはつきものです。

だっていくら理屈が分かっても、最も大切な「自分は実体ではなかった」ということを完全に知るには、自己を超える経験がない限り無理だと思うから。

阿部さんのこの言葉は事実で、また、例え話でもありません。

それでも、「自己を超える経験」という言葉が「自己」ありきで語られざるを得ないですよね。

そもそも「自己」はあったことがないのですから、それを「超える」ということも、本当はないわけで。

そうやって粗を探そうとすれば、どんな言葉にも欠点が見つかるような気がします。


方便は、どこまでいっても方便。

それでもこうして言葉を紡ぐことを続けているのには、いくつか理由があって。

言葉は、「観念の世界」にリアリティを持たせ、「幻想」を「現実」に書き換えてしまいますが、その一方で、言葉がその幻想を打ち砕き、夢から覚めるきっかけを与えてくれる力もあります。

それは、そう簡単なことではありませんが、だからこそ面白いのかもしれません。

方便は、僕たちが慣れ親しんだ常識やルールに亀裂を入れるもの。

その心構えがあるとないとでは、メッセージの意味が違って見えてくるでしょう。

常識を持ったままでは、まったく意味がわからない内容でも、「常識とは少しズレたところから発せられているのだ」という前提で向かい合えば、きっと「あ!」が訪れる。

そういうものだと思います。

『J MPWF ZPV』

いるけど、いない。

>一人一人が「全体」の現れなわけで、全体は全てを含んでいるのだから、何でもありと言えば何でもありだね。

そうですね。

『守護霊って、もしかしたら本当にいるの?』

この疑問に答えるとするなら、「阿部敏郎って、本当にいるの?」と、同列になると思います。

「阿部敏郎」「雲黒斎」という『現象』はあれど、そこに『実体』は存在しないという。

だから、「雲さん」もまた『現象』としてはあっても、『実体』は存在しません。

いるっちゃいるけど、いないっちゃいない。

こんな言葉で、「ああ、なるほどそういうことか!」と納得される方はどれほどか(笑)


言葉ってのは難しいものですね。

この『現象』と『実体』のことを、他の例えでお話してみます。

たとえば、『阿雲の呼吸 OFFICAL BLOG「降参のススメ」』に、実体は存在するか?

これを考えてみましょう。

「いやいやいや、そりゃ存在するでしょう! まさに今、こうして私が見ておりますもの!」と仰る方は多いかと思いますが、そうして「見ている」と指しているのは、実は「PCのモニター」だったり、「スマホの画面」だったり、そこに表示された「文字列や写真」はたまた「ピクセルの集まり」だったりするわけです。

様々な要素の連携によって、それらの『現象』を目にすることはできますが、はてさて、その『実体』、つまりは「降参のススメ」の『正体・本体』は、どこにどのように存在すると言えるのでしょうか。

個々のPCやスマホの中? それともライブドアのサーバーの中? はたまた「阿部敏郎」「雲黒斎」の頭の中?

どこをどう探しても「ここに、このようにあるのが『降参のススメ』の実体です!」と指せる『核』は見つけようがありません。

昨年ご子息と一緒にさせていただいた『わかりかけのRADIO』では、「いまここ塾」を例にお話もしました。

「いまここ塾」の『実体』は、どこに、どのようにあるのか?と。

表札と一緒に、阿部さんのご自宅に「いまここ塾」の看板がついていても、その「家屋」が「いまここ塾」なワケでもないし、瞑想会が開催されている東京の別邸や、主宰の「阿部敏郎」が
「いまここ塾」なわけでもない。

会社登記書類が
「いまここ塾」でもないし、「社員」が「いまここ塾」なのでもありません。

どこを探しても「いまここ塾」の実体は見つかりませんが、それでも「いまここ塾」主催のイベントはあったりする。

結局、「実体はないけど、あることにする」
なんですよね。


「わたし」についても同じこと。

ノンデュアリティ系のお話でおなじみの『わたしはいない』は、「わたしの『実体』は存在しない」であって、「わたしという『現象』」を否定したものではありません。

「わたし」もまた、「いまここ塾」同様、
実体はないけど、あることにしている」なんですよね。


>黒斎くんが雲さんと繋がっている時間帯に、どんな顔しているのか興味あるなァ。

 >そういえば一度も見たことないし(笑)


いえいえ、そんなことはないと思いますよ。

トークライブで調子よくマシンガントークできてる時は、たいがい「繋がってる時」ですから。

逆に、話が「たどたどしい」時は、「あ、こいつ今繋がってないな?」と思ってください(笑)


明日(7日)と明後日(8日)は、いよいよ大阪・名古屋でのお話会。

繋がっている時と、そうじゃない時の違いを観察する、絶好のチャンスです(笑)

公開チャネリング、一度やってみようかな(笑)

阿部さーーん!

政治に興味のない方もいらっしゃれば、ニュース見てない人もいるんですから。

「本日解散を決意しました」は、誤解受けるってばさ(笑)

『衆院』が連想されないと、「え? ブログ開設早々『阿雲の呼吸』解散!?」ってなるよ〜。

それじゃなくても巷では、なぜか『じつは阿部と黒斎不仲説』があったりするんですから(笑)


さて、それはさておき。

「雲黒斎をプロデュース」の件、ご回答いただきありがとうございました。

ピュアで素直な僕ですから、さっそく自分のブログで雲さんを唐突に復活させていただきました。

これが商業的な失敗例に繋がらないことを祈るばかりです(笑)


まぁねぇ、こうしてブログで雲さんを登場させるのはまだいいのですが、流石にトークライブでは抵抗あるわ〜w

ダリル・アンカさんばりに公開チャネリングなんてしたら、やりながら自分で吹いちゃいそうw


>真実を言えば、どちらも自分自身であって、そのあたりは黒斎くんも分かっている通りです。

>しかしもうひとつの真実から見れば、雲さんと黒斎くんは別人格とも言えます。

そのあたりの両面をどう消化するかは、黒斎くんも迷ったんじゃないでしょうか。

そうなんですよ。
ここは本当に迷いました。
その結果、ブログでも「雲さん」をフェイドアウトさせてしまったのですが、あまり評判はよろしくないみたい(笑)

でも、今月に入ってから不意にまた心境の変化が訪れまして、「まぁ、あんまりそこにこだわることもないかなぁ」って。

で、この際いっそ雲さんのことを色々お話してみるのもいいかな、なんてことも思っています。

どうしても、僕が本当にお伝えしたいところとは少々ズレてはしまうのですが、面白がってくれる方がいれば、それもありかなと。

来月からの『阿雲の呼吸 トークライブ ツアー』の中で、この辺のことも少しお話してみようかと思っていました。

僕が雲さんとコンタクトをとるとき、どんな事が起こっているのか。

どうやってチューニングを合わせているのか。

はたまた、これまでひた隠しにしていた雲さんのこと。

公の場ではあまり話したことはないんですが、阿部さんには楽屋裏で少しお話したような記憶があるのですが覚えていらっしゃいますか?

ここら辺のことは、逆にブログに書くことに抵抗があったりするんですよね…

もし、「聞いて見たい!」なんてマニアックな方がいらっしゃいましたら是非会場へ遊びにきてください。

いまのところのトークライブの予定は以下の通りとなっております。

◎大阪 10月7日 15時半~18時

新大阪丸ビル別館 2階 4-3号室(Gタイプ)

購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)

http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002236579P0030001


◎名古屋 10月8日 14時~16時半

愛知県産業労働センター WINC AICHI 902会議室

購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)

http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002236583P0030001


◎東京 10月29日 14時30分~17時

両国KFC2ndホール

東京都墨田区横網一丁目6番1号
国際ファッションセンタービル 2階 

お申込み

https://business.form-mailer.jp/fms/ff9fbf2075965 


◎博多 12月2日 15時30分〜18時

アクロス福岡608

福岡市中央区天神1丁目1番1号

お申込み

https://business.form-mailer.jp/fms/0f909bbf74138 


開催はいよいよ来週末ですね。

再会を楽しみにしております!

    Dear 阿部心臓

    「阿部心臓」て。

    ひっぱりますねー。しかもわざわざ賛否両論でそうなところを(笑)

    流れ的にはすでにお調べになった読者さまもおられるでしょうが、一応例のサイトで確認おば。


    阿部心臓 (総画)不言実行 達成 克服 順風 順調 巧妙 厳格

    え!?

    あら、どうしましょう。

    場末のソックリさんみたいな微妙な名前にも関わらず、いいですよ、これ。

    このまま阿部心臓でいっちゃいますか?


    *****


    さて、話は変わりまして、わたくしの印象の件。

    なんですか、言うに事欠いて「生きる背後霊」って!

    そんな印象だった!?

    そうかぁ。そうなのかぁ(遠い目をしながらも、案外すんなりと受け入れた模様)

    でも、その後褒めてもらえたので嬉しかったです。

    今後もたくさん褒めてください。

    褒められて伸びる子です。



    でね、前回も書きましたが、僕から見た阿部さんの印象って、昔も今もホントに変わりがないんですよ。

    初めて会った頃とは、(体型も毛量も違うのに)存在感にまったくブレがないの。


    なんでしょう。

    その世界を退いたはずなのに、いまだ「芸能人オーラ」みたいなものがあるというか。

    いや、「芸能人」っていうよりは、「業界の人」って感じだな。

    やっぱりね、「ブロガー」とか「講演者」、「文筆家」や「思想家」って言われるよりも、「敏腕プロデューサー」って紹介される方がしっくりくる感じです。うん。


    いってみれば僕も、阿部さんが手をひいてくれたから今があるようなもので。

    「雲黒斎」って名前の響きどおり、僕ってヘタレですからね。

    阿部さんにグイッと引っ張ってもらわなかったら、こんなに顔出してなかったと思います。

    まさかねぇ、DVDが出ることになるなんて、それが全国のTSUTAYAでレンタルされることになるなんて、思ってもみませんでしたよ(笑)

    ありがとうございます。


    で、ですね。

    そんな敏腕プロデューサーの阿部心臓さんにお願いがあります!

    もし阿部さんが、改めて今、「雲黒斎」をがっつりプロデュースするとしたら、どんなプランを立てますか?

    是非ともお聴きしたいんです。


    いや、よく言うじゃないですか。

    「人のことはよくわかっても、自分のことほどわかっていない」って。

    僕も自分のことがよくわからなくて。

    あれからだいぶ年月も経ちましたし、今の僕に何が求められているのか、そこをうまいこと引き出していただけたらなぁ〜って。


    はたまた、この阿部敏郎と雲黒斎のユニット「阿雲の呼吸」をプロデュースするとしたら?

    ここは是非、「阿部敏郎」としてではなく、「敏腕プロデューサー・阿部心臓」になりきってお答えいただければと。

    なにとぞよろしくお願いいたします!



    そして、このブログをご覧になられている皆さまにも、同時にお伺いしたいんです。

    「阿雲の呼吸」の魅力って、なんなんでしょう?

    そして、何を求められていますか?

    よろしければ、ぜひコメント欄へメッセージをお寄せください!

    変化

    どうも、黒斎です。

    新ブログの初投稿でこんな記事もなんなのですが……

    明日(9月16日)に開催を予定しておりましたトークライブ、『阿雲の呼吸』ですが、大型の台風18号の接近のため、やむなく延期とさせて頂くこととなりました。

    天候の都合とはいえ、楽しみにしていたお客様にはご迷惑をお掛けいたしますこと、またイベント開催直前のご案内となりましたことを、お詫び申し上げます。

    なお、代替の日程につきましては現在協議中でございます。日程が決まり次第、改めてご案内させていただきます。

    ご予約いただいておりました皆さまのお振り替え、払い戻し等につきましては、主催・いまここ塾より個別にメール等にてご連絡させていただく予定です。

    ご意見・ご質問などがございましたら imadesk@nifty.com までご連絡下さいませ。

    何とぞご理解、ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。


    さて、改めまして。

    阿部さん、ご覧になられたんですね、僕のブログ(笑)

    そうかぁ、見てたかぁ(笑)

    一応、リクエストにお応えして、例のサイトで調べてたんですけどね……

    結果の方、ご覧になられます? 

    阿部雅治 「(総画)
    自信過剰 異性 トラブル 波乱 乱気 固執 孤独」

    阿部拓也 「(総画)
    苦境 浮沈 悲運 波乱 楽天 空想」

    どちらに改名なさいますか?


    いやぁ、それにしても、「10年一昔」なんていいますけど、ほんとにそんなに経っているんですね。

    早いなぁ。

    あっという間な気がするけど、僕の場合はこの10年の変化は目まぐるしいものでした。

    まさか、会社を辞める事になるとは思ってもいなかったし、本が出るなんてことも想像できなかったし。

    10年前と比べたら、仕事も、住処も、家族構成も、本当に色んな事が変わっちゃっています。

    それでも不思議なものですね。

    改めて「10年前」と「今」とを比較すれば、それはそれは、数えきれぬほどの違いが見えてくるのですが、普段の生活の中では、そんな印象はどこへやら。

    「いつも通りの変わらぬ日常」を過ごしているような気持ちがもたげてきます。


    ところで、すっかり初々しさもなくなった昨今ではありますが、どうでしょう?

    阿部さんからみて、僕ってこの10年でどういう変化が感じられますか?

    正直なところ、僕は阿部さんの印象って、出会ったころからそんなに変わっていないんです。

    もちろん、「あ、まただいぶお腹出たな」とか、「最近疲れやすくなったのは、やっぱりお年のせいかな?」なんてことはありますけど、加齢はお互いさまですからね(笑)
    アーカイブ